心の迷路から、抜け出そう

ascureSPARX

認知行動療法に基づく心理ケアを「医師開発アプリ×オンラインのカウンセリング」でやさしく導く、全く新しいカウンセリング

こんな心のサインは届いていませんか?

憂うつな気分、気分が沈む

憂うつな気分、気分が沈む

不安・あせり・緊張が止まらない

不安・あせり・緊張が止まらない

興味、喜び、楽しさがなくなった

興味、喜び、楽しさがなくなった

やる気、意欲が湧かない

やる気、意欲が湧かない

頭が働かない、考えがまとまらない、決断できない

頭が働かない、考えがまとまらない、決断できない

自分を責めてしまう、自信が持てない

自分を責めてしまう、自信が持てない

遠くへ行きたい・消えてしまいたい

遠くへ行きたい・消えてしまいたい

眠れない、体がだるい・しんどい、食欲が湧かない、胃腸の不調

眠れない、体がだるい・しんどい、食欲が湧かない、胃腸の不調

ascureSPARXメンタルヘルスプログラムは、専用アプリとカウンセラーが、あなたのココロの悩みに寄り添い、ココロのバランスを取り戻すカウンセリングプログラムです

ascureSPARXアプリ
  • ※医薬品は一般用医薬品の中から、ご自身の状態に合わせてお選び頂き、薬局の薬剤師の確認の上、ご提供致します

専用アプリ「ascureSPARX」について

海外で高い評価と医学的エビデンスを有するSPARXを日本・成人向けにしてご提供

「SPARX」の意味
SPARX
SPARX画面
SPARX画面
SPARX画面
SPARX画面 SPARX画面 SPARX画面

海外で高い評価


メンタルヘルス対策が国家的課題として認識されているニュージーランドの国家プロジェクトです。国際的にも高く評価されています

  • 国連とユネスコ後援の「国際デジタルアワード」受賞
  • 「ザ・ワールドサミットアワード」受賞

斬新かつ医学的に理に適ったアプローチ


オークランド大学の研究者チームによって開発された認知行動療法に基づくゲームです
楽しく簡単に、しかし医学的なエビデンスに基づいた認知行動療法に基づく心理ケアを受けることができます

日本の職場・生活環境に合わせた修正


より日本人が使いやすく、取り組みやすいアップグレードを随所に行いました

ゲームプレイを最適なペースでご提供

img_new_limit_dialog.png

開発者が推奨する期間で進められるペースメーキング機能

img_new_start_gauge.png

進捗をより見やすく、最後までプレイする気持ちになるデザイン

ステージ選択をより分かりやすく

img_new_stage.png

各ステージで学ぶ内容をわかりやすくする概要

img_new_revise.png

学んだ内容が復習しやすいデザイン・設計

新しい音楽

img_new_sound.png

ニュージーランドの文化が濃い音楽(レゲエ)から、日本人の気持ちが落ち着くヒーリングミュージックに変更

ゲーム操作を改善

img_new_add_guide.png

ゲーム途中で立ち止まることがなく、気持ちよく進められるガイドを追加

さらに、カウンセラーとの情報連携がしやすく、あなたに合ったカウンセリングが受けられる機能を追加しました

参加者
  • 日々の状況を記録
  • 専門的なコラム法に基づく設問で細かく分析
  • 継続が難しかった内容を、優しく、簡単に続けられるように工夫されたデザインで提供
ascureSPARX機能
カウンセラー
  • 日々の状況を連携することにより心の状態や考え方の課題を詳しく共有
  • オンライン面談の際に、よりあなたに合ったカウンセリングができます
  • 日々の状況を記録
  • 専門的なコラム法(※)に基づく設問で細かく分析
  • 継続が難しかった内容を、優しく、簡単に続けられるように工夫されたデザインで提供
  • 日々の状況を連携することにより心の状態や考え方の課題を詳しく共有
  • オンライン面談の際に、よりあなたに合ったカウンセリングができます

厚労省評価基準によると、高ストレス者と診断された社員の割合は概ね全体の10%とされています。しかし、ストレスチェックを受けた従業員のうち、医師による面接指導を受けたのは0.6%にとどまると述べられています(厚生労働省労働衛生課調べ(平成29年7月))。ascureSPARXでは、面接・通院には気が進まない方でも取り組んで頂けるよう負担の少ない遠隔でのカウンセリングとするなど、参加・継続しやすい仕組みを提供していきます

graph-chart-stress.png

プログラムの内容

「アプリとカウンセリングが連携」して、6ヶ月に渡ってしっかりフォローしていきます

プログラムスケジュール

※ストレスチェックによる状況把握を初回、4ヶ月目、6ヶ月目に実施

以下の方は、参加をお控え頂いております。ご了承ください
  • 現在、精神科・心療内科などの医療機関にかかっている方で、本プログラムの参加について主治医の許可を得ておられない方
  • 自傷他害(自分自身を傷つける、他人を傷つける・迷惑をかける行為をするなど)、もしくは自殺についての願望がある方
  • 他、心理状態の評価尺度やカウンセリングの経過などから、他機関の方をお勧めさせて頂いた方が良いと思われる方

注:

  • 本プログラム及び専用アプリは医療機器ではありません。病気の診断や予防、また治療、抑制などを保証するものではありません
  • 医薬品の購入は薬局の薬剤師等から医薬品に関する情報提供をさせて頂いてから購入して頂くことになります

本プログラムの提供、監修

医師とメンタルカウンセリングの専門家が集まっています

プログラム提供主体

株式会社キュア・アップ

日本語版SPARX提供元

株式会社ヒカリラボ

佐竹晃太

佐竹 晃太(医師)


慶應義塾大学医学部卒、上海中欧国際工商学院(CEIBS)経営学修士号(MBA)修了、米国ジョンズポプキンス大学公衆衛生大学院公衆衛生学修士号(MPH)修了

鈴木晋

鈴木 晋(医師)


慶應義塾大学医学部卒、(株)カヤック、東京大学医学科研究所にてゲノム解析の開発技術を蓄積
2013年人工知能学会にて現場イノベーション金賞を受賞

清水あやこ

清水 あやこ


上智大学国際教養学部卒、バークレイズ証券株式会社勤務、東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース修士課程修了、筑波大学システム情報工学研究科非常勤講師

SPARX開発元

The University of Auckland

The University of Auckland

Professor Sally Nicola Merry

Professor Sally Nicola Merry


Professor Merry is the Head of the Department of Psychological Medicine and Director of the Werry Centre for Child and Adolescent Mental Health, University of Auckland.


申し込み

予約サイトのパスワードは、導入先のご案内資料に記載がございます。そちらをご確認ください

当社は、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より個人情報について適切な取り扱いが行われている企業に与えられる『プライバシーマーク』を取得しています。